男性

浮気調査をするなら実績のある業者を選ぶこと

夫が他の女に奪われる前に

割れたハート

不倫の現場を押さえよう

女房の妬くほど旦那モテもせずという言葉があります。これは、奥さんが妬くほど夫はモテないという江戸時代の川柳からきたものです。けれども現実は、結婚してもモテる人はモテるし結婚後に急にモテだすケースも少なくありません。あきらかに、奥さんの勘違いではすまないパターンも多く存在します。たとえば不倫中もしくはそうなりそうな旦那は、浮気者特有の行動をとりだします。もし旦那にそれらしい気配を感じた時は、実際にそんな状況になっていることがほとんどです。ただし、そんな中途半端な状況で感情的に任せた行動をとってはいけません。そこで相手を問いただしても、旦那が浮気を認める可能性はほぼないでしょう。そうなるとかえって相手の警戒心をあおり、旦那が浮気の証拠を隠してしまうはずです。そうなってしまっては、自分に有利になる証拠が引き出せません。なのでその場はあえてスルーして、旦那を十分泳がせましょう。そしてその間の行動をよく観察してみるべきです。不倫中の男性という物は、必ず浮気者特有の行動をとります。呼び出し音が鳴ると落ち着かなくなったり、スマートフォンを操作する時間が増えたら要注意です。まずその行動がないか確認して、浮気かどうかを判断してみます。そしてそれらしい動きがあったら、そこで浮気の証拠の保全に動きましょう。旦那との今後をどうするか考えるのは、その後でかまいません。そして浮気の動かざる証拠を押さえたら、そこからは奥さんのターンになります。そこから旦那に対してどう動くかは、奥さんの胸三寸です。煮るなり焼くなり再構築なり、好きなようにしてかまいません。